専門的な医師に相談|鼻づまりの対策がうまくいかないならココをチェック
病院

専門的な医師に相談

婦人

病気か老化か

老化現象と病気は混同してしまうことがあります。年齢を重ねるとどんどん老化をします。それによって体の機能が落ちます。生活のために矯正をする道具が必要になることがあります。同様に病気の時にも機能が低下することがあります。補聴器は、聴力が低下した時に矯正することが出来る道具になります。補聴器を販売しているお店で購入できますが、これらのお店では聴力を測定して販売するぐらいしかできません。その人が老化で聴力が低下しているのか、病気で低下しているのかがわからない状態です。病気だと、どんどん悪化してしまう可能性があります。それを防ぐためにも、まずは耳鼻科で診断をしてもらい、病気か老化なのかを知りましょう。そのうえで適切なものを利用するようにしましょう。

難聴外来や相談医

ダイエットや禁煙といえば、以前は病気の一部とは考えていなかったでしょう。今は病気として捉え、外来が設定されているケースがあります。外来を利用することで、身近な症状を改善できる場合も出てきます。難聴は、耳が聞こえにくい状態のことを指します。高齢による場合、病気による場合、けがによる場合など様々です。その時に矯正する道具として補聴器の利用を勧められる場合があります。耳鼻科ならどこでも良いわけではなく、できれば難聴外来を設けていたり、補聴器相談医のいるところが良いでしょう。耳鼻科では耳の不調などを診察してくれますが、外来や相談医はより細かい対応をしてもらうことが出来ます。自分にぴったりのものを選ぶときには必要になるでしょう。